加齢に伴う男性の肌質

私の持つ肌の最大の悩みは、加齢に伴い潤いがなくなり、どんどんと乾燥してしまうことです。10代・20代前半・20代後半と年を重ねるごとに瘡蓋が消えなくなったり、潤いのなさからか疲れているように見られることが多くなりました。

シミトリーでシミも小じわもケアできる?シミケアと美白に挑戦した私の口コミ&使用感も徹底レポート!

元々太り気味である私の肌が何故こんなにも張りがなくなっているのか不思議で仕方ありません。10代の頃はむしろ肌がきれいでもちもちだねと褒められるぐらいの肌質だったものが、最近では40代のおじさんと同じような肌質に変化しました。

生活リズムが影響しているのではないかと言われましたが。本当に影響するものなのでしょうか。自分にはいまだに信じられません。同僚の女性に話を聞いてみると、王道はスキンケア・本気でやるならエステだと勧められました。

正直、エステは金銭的にも精神的にも苦しいので行くことは出来ず、化粧水や乳液を買ってみて使ってみましたが、今まで使っていなかったからなのか、ベタベタするだけで保湿できているようには感じられませんでした。ですが使い続けている内にいつの間にか手のベタベタ感がなくなり、保湿できているような実感がわいてきました。スキンケアを始めて2ヶ月ほど経過しましたが、同僚や知人から肌質変わったねと褒められる程回復しました。

スキンケアはやはり継続して使わないと効果が感じられないと気付けたことが一番の収穫でした。