女性の憧れ!美しいロングヘアの作り方 

ロングヘアにしたいけど、扱いが大変なイメージがあります。実際、ロングヘアは色々な髪のアレンジもでき、艶のある髪の毛を維持している方が女性らしさを存分に発揮できます。

とはいえ、ロングヘアのケアは毎日必要ですので、艶のある髪をキープしておくことが大切です。押さえておくポイントとは?

内面ケア

健やかな髪の毛を維持するためには、頭皮状態の血液の循環を良くすることが重要です。

髪の毛は毛球を囲っている毛細血管が活発に活動することで、そこから血管を通じて、毛乳頭へ栄養素が行き渡らせます。

この血液の巡りが良い状態を保てないと、健やかで綺麗なロングヘアーを実現することができません。

そのため、十分な睡眠を取ること、アミノ酸を食事の中で意識的に摂取することが重要です。

アミノ酸というのはタンパク質から作られているため、タンパク質を含んだ食品を毎日必要最低限の摂取量を取ることで、十分な栄養素が毛乳頭に伝わり、髪の毛を太く元気な状態に作り上げます。

これこそが、ロングヘアーを健やかな状態に保つ重要なポイントです。

エメリルオイルの効果が評判以上!私の口コミや最安値通販サイトなど完全暴露!

外面のケア

体の内面のケアした後は、外面もケアが必要です。

外面のケアでダメージを与えやすいのが、ドライヤーやヘアアイロンを使った熱伝導を用いるアイテムを使用するときに注意が必要です。

シャンプーをして髪を乾かす時に自然乾燥だけにしてしまうと髪がパサつきます。しかし、ドライヤーを長時間当て過ぎも良くありません。

ただ、適切なドライヤーの使用を行うことで、髪のキューティクルを保護し、艶のある状態をキープできます。

適度な温度調整をして髪の毛から離して使用することで髪艶を保てます。

そして効率的なのは、ドライヤー前にヘアスプレーやトリートメント剤を髪に塗布することで、髪の表面をバリア機能が働くため、キューティクルを保護してくれます。

そしてドライヤーをあてるときのポイントは、前髪部分や側頭部、そして後頭部とブロッキングしながら乾かします。

ブロッキングすることで髪の乾かしムラができにくくなり、健やかな髪を維持することができ、カラーリングの退色や枝毛や抜け毛を防ぐこともできます。

最後は冷風を当てることもポイントです。

冷風をあてると、キューティクルを引き締め保湿性を維持してくれます。

これがロングヘアを健やかな状態に維持できます。