薄毛になったらセルフカットでコストを掛けず

薄毛隠しの為坊主スタイルを貫く様になってから早数年、専用のヘアカッターも買い込み定期的なヘアカットもだいぶ慣れてきたとは言うものの、普段忙しいとそのタイミングに苦慮するケースもしばしばあります。

ニューモ育毛剤

短くするだけとはいえ、少しでもマシに見える様、薄い部分をあえて長めに残し、また濃い部分を意識的に強く刈り込む等して微調整しなければならず、1回のヘアカットでもかなり時間を取られるからです。

カットを行うのは大抵金曜の夜。貴重な土日はヘアカットに時間を割きたくないというのと、心身共にスッキリした状態で土日を迎えたい、というのが大きな理由です。

ヘアカッターに初期投資してしまえば、全く散髪代が掛からず助かります。まだ髪の毛がまともにあった頃は、セルフカットなど怖くて手が出せませんでしたが、基本坊主スタイルなら特別なテクニックも必要無く、簡単に仕上げられるので大変便利。また濃い部分が中途半端に伸びたみっともない姿を理容師に見られずに済むというのも、メンタル的に大変楽でした。

1年で2万円近くコストが浮く、というのは魅力です。以前ならこのお金で高級な育毛剤や育毛グッズを買い込んで・・・というパターンでしたが、髪の毛をすっかり諦めた今なら、自由に趣味や生活費用に充てる事が出来ます。